カート・購入
ライトボックス
最近チェックした作品
検索履歴
写真・イラスト素材
写真素材
イラスト素材
地図素材
衛星画像
美術・歴史
動画
フォント

詳細条件を指定
HOME  >  特集  >  IN STORY  >  #22 SATOYAMA LIFE

日本では昔、里山文化というものがありました。

それは、地域の住人が共に、
森を育てたり、畑を耕したり、食料を持ち寄ったり、
支え合う日本の古き良き文化。

核家族化が進んだ昭和から平成には、
その文化が薄れ、隣人の顔も知らない世の中になりました。

令和になった今、
昔のような地域コミュニティが注目されています。

豊かなライフスタイルとは何か、
子供たちに何を伝えていきたいか、
と考えた時、地方移住や二拠点生活によって、
自然との共存や人との繋がりが見直されているのではないだろうか。

今回はこういった背景から、企画が始まりました。

日本では昔、里山文化というものがありました。

それは、地域の住人が共に、森を育てたり、畑を耕したり、食料を持ち寄ったり、支え合う日本の古き良き文化。

核家族化が進んだ昭和から平成には、その文化が薄れ、隣人の顔も知らない世の中になりました。

令和になった今、昔のような地域コミュニティが注目されています。

豊かなライフスタイルとは何か、子供たちに何を伝えていきたいか、と考えた時、地方移住や二拠点生活によって、自然との共存や人との繋がりが見直されているのではないだろうか。

今回はこういった背景から、企画が始まりました。

下ごしらえの時間

共働き夫婦が一般的となり、家事の時短や効率化を工夫する人が多いですね。一方、里山暮らしでは、夕食の下ごしらえも隣人と楽しみながら、ゆったりとした時間が流れます。自ら育てた野菜を、丁寧に扱い、時間をかけて調理する暮らし。そんな家族の姿を見て育つ子供達は、自然に食べ物を大切にする意識が身に付いていきます。なにげない日常の時間が、子供の記憶に刻まれるのです。

共働き夫婦が一般的となり、家事の時短や効率化を工夫する人が多いですね。一方、里山暮らしでは、夕食の下ごしらえも隣人と楽しみながら、ゆったりとした時間が流れます。自ら育てた野菜を、丁寧に扱い、時間をかけて調理する暮らし。そんな家族の姿を見て育つ子供達は、自然に食べ物を大切にする意識が身に付いていきます。なにげない日常の時間が、子供の記憶に刻まれるのです。

この画像のバリエーションはこちら

みんなで昼食

この日重要なシーンの1つとしていたのが、地域コミュニティを表す、大勢での食事シーン。キャスト総勢6名でこの日の昼食を賑やかに食べている様子を自然に撮りました。料理を担当したスタッフは、早朝から自宅でカボチャを煮込んできてくれ、現場ではこのシーンに間に合うよう、豚汁とおにぎりを作ってくれました。いつも現場ではお弁当やデリバリーなので、手作り料理は幸せにしてくれました。

この日重要なシーンの1つとしていたのが、地域コミュニティを表す、大勢での食事シーン。キャスト総勢6名でこの日の昼食を賑やかに食べている様子を自然に撮りました。料理を担当したスタッフは、早朝から自宅でカボチャを煮込んできてくれ、現場ではこのシーンに間に合うよう、豚汁とおにぎりを作ってくれました。いつも現場ではお弁当やデリバリーなので、手作り料理は幸せにしてくれました。

この画像のバリエーションはこちら

ライフワークも変わる

リモートワークの普及により、ワークスタイルも多様化しています。デュアルライフ(二拠点生活)の二拠点目にもなっている里山には、その自然豊かな環境から得られるエネルギーがあります。下のモデルさんは、週末に息子さんと山登りや釣りを楽しむ中、いつかこんな別荘が欲しいと話していました。撮影中もずっと充実した時間を送った私達スタッフ全員が、里山暮らしに魅了されたのです。

リモートワークの普及により、ワークスタイルも多様化しています。デュアルライフ(二拠点生活)の二拠点目にもなっている里山には、その自然豊かな環境から得られるエネルギーがあります。下のモデルさんは、週末に息子さんと山登りや釣りを楽しむ中、いつかこんな別荘が欲しいと話していました。撮影中もずっと充実した時間を送った私達スタッフ全員が、里山暮らしに魅了されたのです。

この画像のバリエーションはこちら

関連画像の一覧はこちらから >>>

「SATOYAMA LIFE」のロケ地となったこの場所は、北海道余市町の山中にあります。
余市は道外からの移住者も増えていて、全国的にも注目される町になっています。

初めて訪れた時に、ここは、オーナーご自身が山の敷地を切り開き、全てセルフリノベーションしたログハウスであること、地元の不登校生のための畑があること、そして、将来の構想はキャンプ場を作り、みんなが遊べる村にしたいことなど、たくさんのお話を伺いました。

ここに訪れた人誰もが、そのオーナーとロケーションの魅力に惹かれ、リピーターになるんだと思います。

日没になり、この日の撮影を終えたあと、オーナーご家族を交えたスタッフ全員で、BBQをしました。静かな山の中、夜空に広がる星を見ながら、忙しなく過ぎる日を忘れさせてくれる時間。全員の帰る腰が重くなりました。

ミナノンノ・プレイビレッジ
https://minanonno.com/

「SATOYAMA LIFE」のロケ地となったこの場所は、北海道余市町の山中にあります。
余市は道外からの移住者も増えていて、全国的にも注目される町になっています。

初めて訪れた時に、ここは、オーナーご自身が山の敷地を切り開き、全てセルフリノベーションしたログハウスであること、地元の不登校生のための畑があること、そして、将来の構想はキャンプ場を作り、みんなが遊べる村にしたいことなど、たくさんのお話を伺いました。

ここに訪れた人誰もが、そのオーナーとロケーションの魅力に惹かれ、リピーターになるんだと思います。

日没になり、この日の撮影を終えたあと、オーナーご家族を交えたスタッフ全員で、BBQをしました。静かな山の中、夜空に広がる星を見ながら、忙しなく過ぎる日を忘れさせてくれる時間。全員の帰る腰が重くなりました。

ミナノンノ・プレイビレッジ
https://minanonno.com/

関連カテゴリー
家庭菜園   下ごしらえ   里山
関連ギャラリー
コンテンツ一覧へ戻る