カート・購入
ライトボックス
最近チェックした作品
検索履歴
写真・イラスト素材
写真素材
イラスト素材
地図素材
衛星画像
美術・歴史
動画
フォント

詳細条件を指定
HOME  >  特集  >  IN STORY  >  #21 beach cleanup

「今年の夏は、海で撮ろう。」
春から、そう考えていました。

その時真っ先にイメージしていたのが、
ちょっとやんちゃな雰囲気の若者たちが、
真摯にビーチクリーン活動をする姿でした。

この日海岸に到着したのは、午後3時過ぎ。
太陽がゆっくりと傾きかけ、
ぬるめの風が心地よく吹き抜ける時間。

薄青色の空と柔らかい光が重なり、
白いTシャツ姿のキャストたちを照らした光景は、
とても眩しく、そして凛々しく。

今回は、そんな空気感が伝わると幸いです。

「今年の夏は、海で撮ろう。」
春から、そう考えていました。

その時真っ先にイメージしていたのが、
ちょっとやんちゃな雰囲気の若者たちが、真摯にビーチクリーン活動をする姿でした。

この日海岸に到着したのは、午後3時過ぎ。
太陽がゆっくりと傾きかけ、ぬるめの風が心地よく吹き抜ける時間。

薄青色の空と柔らかい光が重なり、白いTシャツ姿のキャストたちを照らした光景は、とても眩しく、そして凛々しく。

今回は、そんな空気感が伝わると幸いです。

真摯さ

冒頭に書いた、若者の”真摯な姿”を象徴したのが、この1ショット。個人的にとても好きな写真です。下の写真ではわかりづらいですが、ピンク系ヘアカラーにカラコンというイマドキなルックスの彼女。実はとても気遣いのある誠実な性格の持ち主です。外見だけで判断されるような偏見の時代はもう過去のこと。今回の企画の裏側には、そんな外見への偏見に異を唱える狙いもありました。

冒頭に書いた、若者の”真摯な姿”を象徴したのが、この1ショット。個人的にとても好きな写真です。下の写真ではわかりづらいですが、ピンク系ヘアカラーにカラコンというイマドキなルックスの彼女。実はとても気遣いのある誠実な性格の持ち主です。外見だけで判断されるような偏見の時代はもう過去のこと。今回の企画の裏側には、そんな外見への偏見に異を唱える狙いもありました。

この画像のバリエーションはこちら

熱さ

海に向かって叫んでみよう!そんな要望を出したのは、昭和世代のスタッフです。そのシチュエーション、ちょっと古くない?と現場で内心思っていましたが、出来た写真がとても自然だったんです。世界が環境汚染問題を抱える今、熱い思いを持つ若者が立ち上がり、積極的にボランティア活動などに取り組む姿は誇らしく感じます。そんな熱い若者代表とも思える1ショットになりました。

海に向かって叫んでみよう!そんな要望を出したのは、昭和世代のスタッフです。そのシチュエーション、ちょっと古くない?と現場で内心思っていましたが、出来た写真がとても自然だったんです。世界が環境汚染問題を抱える今、熱い思いを持つ若者が立ち上がり、積極的にボランティア活動などに取り組む姿は誇らしく感じます。そんな熱い若者代表とも思える1ショットになりました。

この画像のバリエーションはこちら

凛々しさ

下の写真は、全ての撮影を終えた後、カメラが捉えたオフショット。スタッフの片付けや他のキャストの着替えを待つ、自然体な彼女が、憂いと凛々しさを感じさせます。沈みかける太陽によって、空と海が色褪せたように映り、憂いのあるトーンになりました。この時彼女は何を思っていたんだろう・・と想像してみたくなります。きっと、「やっと終わった…」でしょうね。長い1日お疲れさまでした。

下の写真は、全ての撮影を終えた後、カメラが捉えたオフショット。スタッフの片付けや他のキャストの着替えを待つ、自然体な彼女が、憂いと凛々しさを感じさせます。沈みかける太陽によって、空と海が色褪せたように映り、憂いのあるトーンになりました。この時彼女は何を思っていたんだろう・・と想像してみたくなります。きっと、「やっと終わった…」でしょうね。長い1日お疲れさまでした。

この画像のバリエーションはこちら

関連画像の一覧はこちらから >>>

2016年のダボス会議で、「2050年までに海洋プラスチックの重量が魚の量を超える可能性がある」と発表され、世界中が衝撃を受けました。
その事実を強く認識し、行動を起こしているのがZ世代に多く見られます。

今回の撮影で出会ったZ世代たちも、デジタルネイティブならではの行動力、判断力、とにかく動きが早い。と感じました。
2030年までのゴールを目指すSDGsもそうですが、社会課題への解決には、そんなスピード感が大事なのだと強く感じます。

Z世代ならではの、SNSを活用したセンスあるコミュニケーションによって、多くの人の関心を惹きつける、新しい取り組みにも注目していきたいと思います。

UMINARI
https://uminari.org/

2016年のダボス会議で、「2050年までに海洋プラスチックの重量が魚の量を超える可能性がある」と発表され、世界中が衝撃を受けました。
その事実を強く認識し、行動を起こしているのがZ世代に多く見られます。

今回の撮影で出会ったZ世代たちも、デジタルネイティブならではの行動力、判断力、とにかく動きが早い。と感じました。
2030年までのゴールを目指すSDGsもそうですが、社会課題への解決には、そんなスピード感が大事なのだと強く感じます。

Z世代ならではの、SNSを活用したセンスあるコミュニケーションによって、多くの人の関心を惹きつける、新しい取り組みにも注目していきたいと思います。

UMINARI
https://uminari.org/

関連カテゴリー
ゴミ問題   ボランティア活動   美しい海
関連ギャラリー
コンテンツ一覧へ戻る