• 対応OS

  • フォントタイプ


すべてのフォント

詳細条件を指定
写真素材ガイド
  • タイプフェイス



























  • ブランド
 
  • 文字種類
  • 価格帯
  • 太さ・ウェイト
条件をすべてクリア
HOME  > 

フォント

  > 特集  >  

テーマ:世帯構成の変化

« 前の記事 | 次の記事 » | 特集 TOPへ

一人暮らしから大家族まで、家族と言っても実に様々な形があります。
ひと昔まえの標準的な世帯構成は、夫婦と子供2人の4人でしたが、平成23年のデータでは平均世帯人数が2.58人になるなど減少傾向が続いています。
さらに単身世帯の割合が徐々に増しています。働き盛りの年代はもとより、高齢者の一人暮らしが多くなっているのが、最近特に目立ってきています。
※データ出典:厚生労働省「国民生活基礎調査の概況」
   
モトヤ モトヤ明朝4 Std (OpenType)
   
ダイナフォント DF雅藝体 Std W6(OpenType)
   
Font-Kai 解ゴシックM-TT(Medium) (TrueType)
  =1B$B?M8}F0BVE}7W=1B(B  
コーエーサインワークス/昭和書体 般若書体(KSO般若)(OpenType)
  核家族   一人暮らし   三世代家族