• 対応OS

  • フォントタイプ


すべてのフォント

詳細条件を指定
写真素材ガイド
  • タイプフェイス



























  • ブランド
 
  • 文字種類
  • 価格帯
  • 太さ・ウェイト
条件をすべてクリア
HOME  > 

フォント

  > 特集  >  

テーマ:第五の味覚「うま味」

« 前の記事 | 次の記事 » | 特集 TOPへ

日本やアジアの国々では、古くから親しまれている「うま味」。うま味の正体は、1908年に東京帝国大学(現東京大学)の菊田教授が昆布から発見したグルタミン酸でした。その後、イノシン酸、グアニル酸も「うま味」成分であると確認されました。

甘味、酸味、塩味、苦味に次ぐ第五の味「うま味」の存在に関しては、長らく議論されてきましたが、舌の味蕾にある感覚細胞に(うま味を感じる)グルタミン酸受容体が発見され、今日ではUMAMIという用語で国際的に認知されています。

   
コーエーサインワークス/昭和書体 栄泉楷行書体(KSO栄泉楷行書体) (OpenType)
   
TYPE C4 ゴシック・ドゥ HDL E (TrueType)
  UMAMI  
URW++ Corporate URW Normal (OpenType/TrueType)
   
ニィス JTCウィンZ1 (OpenType/TrueType)
  だしの素   発酵食品   干した食品