• 対応OS

  • フォントタイプ


すべてのフォント

詳細条件を指定
写真素材ガイド
  • タイプフェイス



























  • ブランド
 
  • 文字種類
  • 価格帯
  • 太さ・ウェイト
条件をすべてクリア
HOME  > 

フォント

  > 特集  >  

テーマ:日本で見られる、21世紀最後の天体現象

« 前の記事 | 次の記事 » | 特集 TOPへ

2012年は天体ショーが目白押しです。
5月21日には「金環日食」ありました。さらに、6月6日は「金星日面経過」、8月21日は「金星食」がひかえています。

いずれも次回"日本"で見られるまでの期間が長く、一番近くても2030年6月の「金環日食」です。「金星日面経過」にいたっては、2117年12月まで見ることができません。今回が、21世紀"日本"で見られる最後のチャンス。文字通り貴重な機会ですから、是非、当日は早起きをしてご自分の目で確かめてみてはいかがでしょう。

使用フォント:「日本で見られる、21世紀最後の天体現象」...千都フォントライブラリー こぶりなゴシック
   
   ダイナフォント DFてがき誠 Std W3 (OpenType)
   
    七種泰史/デザインシグナル DSマンボ(DS-manbo)(TrueType)
  Transit of Venus  
    URW++ Jay Gothic URW Bold (OpenType/TrueType)
   
   ミーネット 筆技名人 遊月体(MNO遊月体)フォント (OpenType/TrueType)